ブログトップ

ジャズ侍のブログ小説 ~ 青い光      

jazzamuray.exblog.jp

1990年代半ばの京都を舞台にしたバンド小説を書いてます。文中の場所、人は全く架空のものであり、実在の場所、人との関係は一切ありません。掲載は当面、毎月第一水曜日の予定。

第三話 「紫の指先」 第三節の2

 「・・・・ウチは儲かるから良いんやけどね」
 「そういえば、草ちゃんのことで、カミさんにお願いがあるんだけど」
 「金貸すのは嫌だぞ」
 「そうじゃなくて、今度、練習に付き合って欲しいの」
 「練習?」
 「セッションして、ジャズベースを教えてくれるっていうの。カミさん、フォービート得意でしょ」
 「得意じゃないよ」俺は一瞬、苛ついた。
 「だって、あんなに上手いのに」
 こいつ、俺のフォービートをちゃんと聴いて、そう言っているのか。
 半身になってこっちを向いているあゆみの目が、少しとろんとしている。・・・・今、何か言っても、ちゃんとした話にはならないな。
 「形をなぞっているだけだ」ブラウスの胸元をつい見やってしまった俺は、慌てて目を逸らして、ぶっきらぼうに言った。
 「まあ良い。どっちにしろ、リズム隊の練習は別に必要だと思っていたし、何故ピアニストがベースを教えるのかはよく分からんが、一度ウォーキングを勉強しておくのは、悪くない。何日だ?」
 「付き合ってくれる!ありがとう!あのね、草ちゃんが都合が良い日はね・・・・」あゆみは俺の方を向いて膝をくっつけ、カバンから手帳を取り出しにかかった。俺の鼻先で、あゆみの量の多い髪が揺れ、俺は二十センチ程、頭を引いた。
 ・・・・こいつ、天然なのか、結構危なっかしい。きっと、この酔った時の所作のせいで、誤解している男がかなりいるぞ。
 困って紫野山さんを見ると、俺の考えていることが分かるのか、少し口の端を上げた。
 その瞬間、あゆみの鞄の中で携帯電話が鳴った。
 一瞬の静止の後、あゆみは手帳ではなくそれを取り出し、番号の表示を見て素に返った。
 「どうぞ」と俺は言った。
 あゆみは「ごめんなさい」と真顔で言い、「もしもし」と言いながら店を出ていった。
 「こんな時間に誰ですかね」俺は座り直して言った。
 「あの顔なら、彼氏やない?」
 紫野山さんは、モヒカンの髪を撫で付けながら、煙草に火を付けた。
[PR]
by jazzamurai_sakyo | 2009-11-25 01:22 | 第三話 「紫の指先」