ブログトップ

ジャズ侍のブログ小説 ~ 青い光      

jazzamuray.exblog.jp

1990年代半ばの京都を舞台にしたバンド小説を書いてます。文中の場所、人は全く架空のものであり、実在の場所、人との関係は一切ありません。掲載は当面、毎月第一水曜日の予定。

第三話 「紫の指先」 第六節の1

     六

 「え、カオルンも来たの?」
 「ええ、ちょっとお勉強させてもらいに来ました」
 「お、このべっぴんさんも、橘君のお友達か?」
 「初めまして、藍王薫子です。今日は、参加させて頂いて、ありがとうございます」またもや薫子は歯切れ良く話し、ぺこりとお辞儀した。嘘つきでーす、この女の子は嘘つきですよー、と俺は心の中で叫んだ。
 「可愛いなあ。そのケース、アルトだろ。高校でブラバンやってるのかい、お嬢ちゃん」
 「そんな所です」
 「そうかいそうかい。しかし、初々しいのう。まあ、二十歳過ぎれば、その有るや無しやのオッパイも少しは大きくなって、色気も出るじゃろう」
 ・・・・薫子の目が凍て付きかけている。
 「もうバカなこと言ってないで、早くスタジオ入って」
 あゆみは深浦翁の背中を押した。
 ・・・・薫子は、深浦翁の背中を見る形で壁際に座り、念入りなピアノ椅子の位置直しや、前と同じ“Tempus fugue-it”での指慣らしを見ていた。例の、一見冷たいが、侮蔑の無い眼差しで。
 「ふむ。このピアノも最悪だな」と言うことまで同じの翁は、「ええと。君、なんて言う名前だったかな」と俺に言った。
 「神ノ内です」
 「覚えにくい名だな・・・・。では、神ノ内君、橘君、また『クレオパトラ』からやるか」
 漸く名前が正しく言えたか。
 それから俺たちは「クレオパトラの夢」を三回、繰り返した。相変わらず、深浦氏は、終わる都度、あゆみに対して、主にソロ楽器をバックアップするための音の選び方について指摘した。
 あゆみはかなりやり込んだ風で、前回よりかなりマシだった。ただ、相変わらず、即興的に演奏することが難しい様だった。
 薫子は何も言わずに、ただ、それを見ていた。
 続いて“Down With It”を三回繰り返した後、翁のタバコ休憩にした時、翁は薫子に言った。
 「君、何か演奏できる曲は無いのかね。その、ジャズのスタンダードで。スターダストなんかは、ブラバンでもやるだろ」
[PR]
by jazzamurai_sakyo | 2010-01-27 00:19 | 第三話 「紫の指先」