ブログトップ

ジャズ侍のブログ小説 ~ 青い光      

jazzamuray.exblog.jp

1990年代半ばの京都を舞台にしたバンド小説を書いてます。文中の場所、人は全く架空のものであり、実在の場所、人との関係は一切ありません。掲載は当面、毎月第一水曜日の予定。

第三話 「紫の指先」 第七節の1

     七

 七巡目の自分の番で、翁は、少しリラックスした様子で、バップ風のソロを弾く。新感覚派風のソロよりは、歌っているな。
 と感心していた時だった。流暢なフレーズの展開の途中、翁は少しつっかえた。それは、俺が思うに、ジャズという音楽の範疇では、大したことのないミスだった。
 少しくらいのトーンミスがあったとしても、あまり気にならないし、例え重要なフレーズの中でミスったとしても、その後の展開で幾らでもカバーできるのが、ジャズという音楽の良いところだと思っている。
 だが、翁は前回の練習の時と同じ様に、引き続ける事が出来ずにいた。まるで、思考停止したかのように、指を鍵盤に打ち付けたまま。
 空白の時が過ぎる。不安からか、あゆみのベースが余計に辿々しく鳴る。
 残りの小節数が少なかったため、八巡目の頭、薫子は何もなかったかのように吹き出した。それも、翁がつっかえたフレーズを頭からそのまま吹き、つっかえて止まっていなければ自然に導き出されるかのようなフレーズを吹いた。
 なんて嫌みな奴だ。だが、強い説得力がある。
 翁は辿々しくコードを入れる。なんて自信の無さそうな・・・・。
 薫子は、八小節を吹き切った。しかし、翁は出ない。
 何故、彼は、一度失敗しただけで、こうもその演奏に対する熱意を失うのだろうか。俺達が今、演奏しているのは、スコアを厳密に演奏するクラシックでは無いのだが・・・・。
 それとも、あの右手の薬指の傷が影響しているのか?
 薫子が二小節過ぎた所で吹き出した。一小節目にやったように、Shorter風の洗練されたフレーズだ。
 そして、薫子はテーマに帰る。翁は、少し辿々しく右手でユニゾンする。
 終わるのか?レコードなら、テーマ二回吹奏の後、ピアノソロだが・・・・。
 テーマ二回吹奏の最後に、翁は決めのコードを入れた。
 突然、薫子がマイクに向かって話した。「終わらないで。ピアノソロに行きましょう」翁は、振り返って薫子を見た。
 かなり怒った目をしている。だが、薫子は、口の端で微笑みを返した。何を考えているんだ、薫子。
[PR]
by jazzamurai_sakyo | 2010-02-24 23:25 | 第三話 「紫の指先」