ブログトップ

ジャズ侍のブログ小説 ~ 青い光      

jazzamuray.exblog.jp

1990年代半ばの京都を舞台にしたバンド小説を書いてます。文中の場所、人は全く架空のものであり、実在の場所、人との関係は一切ありません。掲載は当面、毎月第一水曜日の予定。

第三話 「紫の指先」 第十五節の1

     十五

 冬美は帰る時まで機嫌が悪く、毒を吐いていた。輝広は言葉少なだった。きっと二人は、半身を盗られたように感じていたのだろう。俺だって、今、こいつ等をステージ下から見上げるのは、あまり良い気持ちがしないと思う。
 全体の軽い打ち上げの後、薫子と輝広は、深浦翁と井能さんをつれて飲みに行った。
 俺とあゆみは、寺町御池の「Bar紫煙」に行った。俺は薫子達と一緒に行きたかったんだが、少しブルーなあゆみが帰ると言い、薫子が「今日の歌、良かったんだから、バンドの時もオリジナルを歌うように、あゆみちゃんに言っておいてもらえますか」と頼まれて、あゆみを誘ったのだ。
 土曜の夜だというのに、客はまた、俺達だけだった。
 不意にあゆみが言った。「明日の日曜の夜、空いてる?」
 「ああ」
 「大阪ブルーノートのチケットがあるのよ」
 「誰のライブ?」
 「知らない。カミさん知ってる?」
 あゆみは手帳からチケットを出す。
 「ああ、和製Chick Coreaみたいな奴だろ。こんなチケット、どうしたの」
 「別れた彼がくれた。私、彼と別れちゃった」「・・・・そう」
 「別れてって、私から言ってやった」「そう」
 「予約してたからって、くれたの」「そう」
 「今の職場、辞めるつもりないから、彼との関係は、まあ、ちょっとキツイけれど。
 私は、今までの自分とはサヨナラしなきゃね」
 「仕事は手伝ってやったら。でも、甘やかすのは止めとけよ」
 「そうするわ・・・・」
 俺は突っ込んで聴くつもりもなく、あゆみもそれ以上言わなかった。
 「あ、そうだ。さっきカオルンからカミさんにって、預かったんだけど。これ、この前の“underground garden”の閉店ライブ・イベントの時のオムニバスCD。坂本さんが人数分くれたんだって」
 「・・・・ダサイな、このジャケット。二枚組?」
 「裏見てよ。ちょっとびっくりするわよ」
[PR]
by jazzamurai_sakyo | 2011-07-06 08:30 | 第三話 「紫の指先」