ブログトップ

ジャズ侍のブログ小説 ~ 青い光      

jazzamuray.exblog.jp

1990年代半ばの京都を舞台にしたバンド小説を書いてます。文中の場所、人は全く架空のものであり、実在の場所、人との関係は一切ありません。掲載は当面、毎月第一水曜日の予定。

<   2008年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 ベースは、少しタメのある、独特のグルーブだった。レゲエでもやっていたのだろうか。身長が一七〇センチはあるだろう、彼女の手は、確かに小さくはないが、指引きであれだけ芯のある音を出せる奴を、俺はあまり知らなかった。ただ、即興は不得意なようで、ソロの時は、思いつく限りのリフを回していたようだった。えらく、格好良いリフばかりだったが・・・・。
 あの女子高生のアルトのソロは、最初、冒頭のテンションそのままに吹き出して、その後、一転してロングトーンのフレーズを、ゆっくり吹いた。
 その時、彼女が疲れて間を取っていた訳ではないことは、ジャズを聴いたことのある奴なら、誰でも分かることだった。大きい音の立体感は当然だが、小さな音のロングトーンも、立体的な音像で存在した。小さい音量のままに、音程を正確に保つのは、とても難しいことなのだ。
 (後で彼女は、その理由について、「私は管楽器をフルートから始めたから」と言っていた。)
 そして彼女は、徐々にそのフレーズのバリエーションを紡ぎ出し、繰り返す毎に加速させた。
 四人とも、感情のままに音を垂れ流すことはしない点で共通していた。だが、それにしても、彼女の場合は、冷徹な意志力を感じる音のコントロールが特に印象的だった。
 ただ、その中にも、やっぱり“若さ”を感じたのは、時に顔を出す、とてもシンプルで叙情的なフレーズのせいだろう。
 集合体としての統一感の無さ、四人の演奏の自由さと構築力、雑然さと緻密さ、猥雑さと理性の何とも言えないバランスに、俺は打たれた。
 何故なら、俺自身が雑食だし、バンドを解雇されて以来、少し思っていたことがあったからだ。
 演奏における自由と構築、雑然と緻密、猥雑と理性といった、全く正反対の要素の共存について、だ。その考えを刺激する演奏だった。
 そして俺は、あの女子高生のソロの終わり際、絶妙のタイミングでシーケンサーが鳴り出し、ベースとギターが滑り込み、ヴァイオリンが冷たくテーマを奏でた時・・・・、その時から既に、奴らの後ろで、どんなドラムを叩こうか、そのことばかり考えていた。
 この冷たくて、それでいて猥雑な音の後ろで。
[PR]
by jazzamurai_sakyo | 2008-02-27 23:40 | 第一話 「黒猫は踊る」
     四

 陳腐な台詞だが、俺は、その夜を、一生忘れることは出来ないだろう。打ち上げに付いて行って、ボロボロに酔わされた記憶と共に。
 ・・・・テーマのブリッジで、シーケンサーは一転、ハードコアのように激しくリズムを刻み、ギターはディストーションを深くかけてそれを追った。そして、テーマエンドでは、バンドはファンキーに終わって見せた。
 そして、ヴァイオリンがソロをとった。似非フォービートのシーケンサーにベースが辿々しくバッキングしたが、それは一コーラスだけで突然、沈黙した。
 それからヴァイオリンはたった一人、ゆっくりと弾き続け、そして徐々に速度を上げた・・・・。
 その後、奴らは堂々と、テーマの吹奏と無伴奏ソロを繰り替えした。
 ヴァイオリンの次は、ギタリストが持ち替えてテナー・サックスを。その次にベース。
 最後に、あの女子高生がアルトを吹いた。
 合間のテーマは次のソロイスト以外のリードが、楽器を持ち替えて表情を変えてやった。
 ソロの最後は、自分で良いと思った時間で合図する約束らしい。メンバーは終わる時、あの彼女に目配せし、彼女は再びシーケンサーを鳴らした。彼女が終わる時はベースの姉さんに目配せした。
 奴らは皆、上手かった。そして、四人とも全く嗜好を異にしていた。
 ヴァイオリンは明らかに、正規の奏法をある程度まで修めた音だった。クリアーで、際だっている。コードの外の音を選んでも、それはフリージャズ的な音ではなく、現代音楽の様だった。
 その音には、熱は感じられない。肉がないのだ。
 ただし、酷く内側に向かう冷たいエロスを感じた。
 それが何かは、分からない。ただ、酷く揶揄的な目で己を観察する目だ。寒々と見つめ、反芻し、屹立する思想だ。
 ギターの男は、奴が弾くギターとは違って、全くフレーズを吹かなかった。最低音と最高音の間を、ボロボロ、キイキイと行ったり来たりした。テナーサックスは、空間恐怖症の様にノイズで音場を埋め尽くし、露悪狂の猥雑さを振りまいた。生音が、彼女のアルトと同じで、やたら大きくて・・・・、前で聴いていた奴は、いきなり殴られたように感じたかもしれない。
[PR]
by jazzamurai_sakyo | 2008-02-20 23:30 | 第一話 「黒猫は踊る」
 無伴奏で、いきなり吹き出したのだ。
 音がデカい!
 馬鹿っ早いフレーズ。ピッチも正確で、一音一音の切れも明確だった。
 信じられない音量とコントロールだ。
 それが二分程続いたかと思うとアルト特有の惚けたような咆吼のまま突然に停止した。
 そして、一八〇度逆のゆったりとしたタメのあるベース・リフが流れだし、シーケンサーのリズムが、それに寄り添った。
 俺は、次第に高まる興奮の内に思った。
 ・・・・何をやる気だ。
 デカイ男がやる気無さそうに、妙に似つかわしいボロボロの緑色のグレッチを、音数少なく弾き始める。しかし、その音は、妙に刺激的にツボを押さえている。だが、それはジャズの音ではないようだ。どうやらこいつも、鍛冶舎タケシと同じ、ヒップポップ系の音が好きなようだな。
 マーク・リボーみたいに巧いじゃないか。
 そう思う間に、曲は派手なフィル・インの後ブレイクし、聴いた事のあるテーマを、アルトとヴァイオリンがユニゾンする。
 それを絶妙の外しで、ギターが煽る。
 俺は一瞬耳を疑った。
 このテーマは、チャールズ・ミンガスの「フォーバス知事の寓話」じゃないか?
 そう、明らかにこのテーマは、あの変態ベーシストが作ったものだった。俺は笑ってしまった。
 シーケンサーは派手な装飾をまき散らしながら、テーマを盛り上げる。アルトとヴァイオリンのユニゾンはお構いなしに、何の感情も入れずに正確にテーマを吹奏する。ベースはますますファンキーにバッキングする。
 だが、二コーラス目、あの少女はアルトから口を外し、マイクに向かって歌い出した。
 ここは、ミンガスが残した数々のライブ番では、フォーバス知事を馬鹿にした歌をオフマイクで歌う箇所だ。
 そこで、彼女はいい加減な英語を適当に組み合わせて歌った。
 ・・・・人工の海岸に、海水浴客を集めるために、沢山の砂が海底から集められた、沢山のお金と共に、ただ、その砂はたった一年でまた同じ海底に戻っていった、とか言う歌で、哀れな奴だよ、フォーバス知事は、と歌った。
 その声は、その年齢と切れ長の目に相応しく、澄んだ、よく通る、銀のナイフの様な声だった。
 ただ俺は、彼女がそんな声をしていることを、全く想像していなかったんだ・・・・。
[PR]
by jazzamurai_sakyo | 2008-02-13 01:00 | 第一話 「黒猫は踊る」
 それから俺は、三バンド、一時間強の間、ひたすら酒を飲んだ。今日は二十四時までのイベントらしい。イベントのタイトルは、「ジャズの廃墟」。・・・・なんだか、よく分からない。
 どちらにせよ、クラブ系ジャズのイベントである事は間違いなかった。上手い選曲をリミックスして聴かせるDJ、ハービー・ハンコックの「処女航海」のA面をそのまま演奏する奴ら、ドラムン・ベースの打ち込みの上で、瀟洒なギターを弾く奴。
 きっと鍛冶タケシは、お得意のアート・リンゼイの真似でもして、シャウトしていたのだろう。恐らくは、他の奴等とは比べものにならない高いパフォーマンスで・・・・。
 そして、『癩王のテラス』の順番になった。
 あの女子高生は、カウンターの前にいた俺に気付きもせずにステージ(最も、『North』には、ステージと呼べる程の広さは無く、唯、店の一角であるに過ぎなかったが)に行き、アルト・サックスとシーケンサーをセッティングした。
 「・・・・アルトも吹くのか?」
 彼女は、グレーのブラウス、少しこすれた赤耳のリーバイス、足元は素足にコンバースだった。ライトのせいもあって、彼女の身体は、恐ろしく華奢に見えた。
 メンバーは全員で四人。あの彼女の他は、ギターとテナー・サックスの、ガタイのデカイ痩せた男(その男は黒のTシャツに五〇一で、素足だった)、ヴァイオリンを持った、少し猫背気味の美少年(高校の制服じゃないのか?)、露出部分の多い服を着た、グラマーで普通に美人のベーシストだった。
 続け様に飲んでいたバーボンがそろそろ俺を酔わせていた。「何だ、この統一感の無さは」と俺は一人ごちた。
 落ち着かない組み合わせだ。こんなメンバーで何をやるっていうんだ。
 だが、午後十一時を過ぎようというのに、この時間帯になって、客は集まっている。ただし、その中には、ベースの姉さん目当ての奴も多いようだ。
 そのベースがマイクに話しかけ、「こんばんは。『癩王のテラス』です」と言った瞬間、彼女のアルト・サックスが俺を切り裂いた。
[PR]
by jazzamurai_sakyo | 2008-02-06 00:30 | 第一話 「黒猫は踊る」