ブログトップ

ジャズ侍のブログ小説 ~ 青い光      

jazzamuray.exblog.jp

1990年代半ばの京都を舞台にしたバンド小説を書いてます。文中の場所、人は全く架空のものであり、実在の場所、人との関係は一切ありません。掲載は当面、毎月第一水曜日の予定。

<   2009年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

     十一

 「癩王のテラス」は、幕間の音楽をかけないでくれと言った。
 既に、あゆみと輝広はアンプにプラグを突っ込み、つまみを弄っている。キーボードはつないである。冬美と薫子の、チューニングを聴きながら、俺はタムをチューニングした。
 ドラムのセッティングは、小さな仕事で済みそうだ。
 この箱に馴染みの無い「癩王のテラス」のセッティングの間に、客は半分位逃げてしまい、フロアーにいる客の足も漫ろだ。
 だが、鍛冶舎と、YAEのバンドと、何時の間にか宮坂が、前に立っていた。あゆみは振り向いて、“キテルヨ”と戯けた様に唇を動かした。
 紫野山さんの姿も、入り口に見えた。
 何人かの女の子が、冬美を見てひそひそと話している。
 輝広は、椅子に座って弾く様だ。
 薫子が、俺の方を見る。そう言えば、練習でこの曲を始める時、薫子は何時も、俺の方を見ていた。
 “ゴメン。先に始めて”と俺は言った。
 薫子は、冬美を見る。その時、凄まじい表情で冬美が俺を見ていることに気が付いた。
 “何だ”と思った瞬間に、冬美の即興が始まった。
 それは、打ち合わせに無いことだった。
 あゆみが、ぎょっとした顔で俺を見る。薫子と輝広は、客席を向いていた。薫子の背は凛としていた。
 冬美は、客席に背を向け、俺の方を向いて弾き続ける。
 ゼータのエレクトリック・ヴァイオリンは、軽いエフェクトを纏いながら、氷の破片の様な音をまき散らし、飛翔する。
 あれ、何か、錯乱がある。何かに抗う様な・・・・。
 その音に引き込まれながら、俺はセッティングを急ぐ。
 冬美が俺を凝視し続けている。
 “終わったよ”と、俺は言った。
 冬美は、高速のアブストラクトなフレーズの中にテーマのバリエーションを挟み込みながら、ゆっくりと地上に降りてきた。
 そして、ディレイでフレーズを残響させたまま、冬美は悠然且つ的確に、ボリュームとエフェクターを調整し、・・・・イントロを、弾き出した。
[PR]
by jazzamurai_sakyo | 2009-04-29 00:55 | 第二話 「青い光」
 ひょっとして、投げている訳じゃないだろうな。
 俺は、薫子の手首を握って、フロアーの外に連れ出した。
 「冬美が来なくても、あの曲を演るしかない。薫子が、フルートで冬美のパートを演るんだ」
 「・・・・いいわ。その代わり、冬美ちゃんが来なかったら、歌詞は歌えない」
 「・・・・何故」
 「答えなきゃいけない?」薫子は、また言った。
 「今度は、“良いよ”とは言えないな」
 「・・・・歌う意味が無いのよ」薫子は俺の目を見た。その瞳に、嘘が無いのを見た時、俺は、少し迷った。
 “止めるか?”と言いかけた。
 だが、俺は今日の演奏を、自分なりに大事な転機と思っていた。俺が本当に、自分をこの世界に問いかけるために。
 だから、俺は自分に対して言う様に、薫子に言った。
 「それは、客には関係がないことだ。分かっているだろう? この癖の強い対バンと客の中じゃ、強い意志力を演奏に込めなければ、演奏が上手いだけじゃ、印象に残るパフォーマンスはできない。
 オマエが歌わないと、この曲は多分、空虚な絵空事になってしまう。そして、・・・・前には進めない」
 「オマエなんて言わないで」
 「どうでも良いから、俺の言ったことが理解出来るのか、出来ないのか、それに答えろ」
 一瞬の沈黙があった。薫子の瞳には、まだ少し、迷いがある様に見えた。
 この迷いが、紫野山さんの言う、“ガキ”の部分なのか・・・・。
 等と、考えているうちに、ふっと、薫子の瞳に何時もの強い眼差しが戻ってきた。
 「・・・・分かっている。貴方に声をかけた時から、それは分かっている」
 薫子は、俺の目を直視しながら言った。
 それで良い。その強い意志力が、たぶん薫子だ・・・・。
 その時だった。店の入り口から、冬美が入って来たのは。
 「あれ。お出迎え?」と戯けた冬美の、頬と唇は生気が無く、青ざめていた。
 薫子は、するすると冬美に近づくと、冬美の背中に両手を回して、抱きついた。気づいた周りの何人かの好奇の目を余所に、耳元で何か言った様だが、次の瞬間には突っぱねて奴の左頬をひっぱたいていた。
 冬美は、何も言わずに立っていた。周囲の客が、ビビってる。
 ・・・・拍手の音がする。どうやら、“White Heat”の持ち時間は終わった様だ。
 「行くぞ」俺は二人に声をかけた。
[PR]
by jazzamurai_sakyo | 2009-04-22 01:51 | 第二話 「青い光」
 鍛冶舎は、コンパクトに4曲を演り、最後に次のライブの告知だけして、一瞥もせずに出ていった。
 入れ替えの時に俺はあゆみに言った。「いなくても、あの曲を演るしかない」と。あゆみの眉間には皺が入り、輝広は何時もの他人事のような顔付きで頷いた。
 次の“White Heat”のメンバーは、ベースの女の子を除いてオッサンだった。そのうち、黒い服で身を固めた、少し禿げて腹の出たオッサンが、リッケン六二〇を抱えたまま、サングラス越しにあゆみを見て、少し驚いた表情をした。
 「・・・・お久しぶりです」とあゆみは言った。
 「懐かしさで、俺を見に来た訳じゃ無さそうだな」
 強い酒と煙草でつぶれた声で彼は言った。そして、サングラスを少し下げ、フレーム越しにあゆみを見た。鋭いが、視点の少し定まらない、濁った目だった。前の歯の何本かが、安物の差し歯なのが分かった。
 「ボイドさんの次に、出るんです。・・・・この人、ドラムです」と言って、あゆみは、俺の背中に隠れた。
 「一緒に演っているのか・・・・。今後とも宜しく」と言って、彼は俺の右肩に手を置いた。
 何かあったのか・・・・。あゆみは、一見気が強く見えるこの女は、俺のシャツの裾を握って小さくなっていた。
 ボイド氏のバンドは、古いニューヨーク・パンク風の演奏に、泥臭い日本語の歌詞を乗せた、・・・・想像した通りの演奏だった。“東京ロッカーズ”の時代、こういうバンドは結構あった。後は、どういう風にテイストを切り取って、自分のモノにするか。ベルベット風にヘタウマで行くのか、テレビジョンみたいにギターのアンサンブルを聴かせるのか・・・・。
 俺は、ボイド氏の歌には、ピンと来なかった。
 曲間であゆみは言った。「ボイドはショーケンが好きなのよ」
 “ショーケン”って、萩原健一か。オマエの年齢で、その呼び方を知っている女の子なんていないんじゃないか。
 ふと、袖を引かれて振り返ると、後ろに薫子が立っていた。
 “どうした”と声に出さずに言った。
 “冬美ちゃんが来ないけど、どうする”
 その目には動揺が無い反面、テンションの高まりも無かった。
[PR]
by jazzamurai_sakyo | 2009-04-15 00:44 | 第二話 「青い光」
 俺は、ぼんやりと立っていると、「今のは、オモロかったなあ」と突然、背後から声を掛けられた。
 鍛冶舎が、セミアコのギターを持って立っている。ペグの所の、ネックと弦の間にハイライトを挟んで。
 「ああ・・・・。そう言えば、次だね。頑張って」
 鍛冶舎は、聞こえなかったかのように、返事もせずにステージに向かった。
 ベースと、ドラムが、二人とも女の子だった。
 「このオヤジ、またリズム隊は借りモンかよ」
 いつの間にか、YAEが隣に立って、腕組みをして言った。
 「彼女らは、別にバンドやっているのか。・・・・君は、鍛冶舎を知っているの?」
 「何回か、別のライブハウスで対バンした。あのオッサン、うちのドラムにも声かけやがって」
 「鍛冶舎は昔から、気に入った奴には全員声をかけるんだ」
 「神ノ内さん、だったっけ。あんた、知り合いみたいだけど、一緒に演ったことあるの?」
 「いや」俺は訊かれたくないことを訊かれた。「無い」
 「あのオヤジが声掛けるのは、女の子が多いからな」
 YAEはそれ以上言わなかった。
 ドラムの子が良かった。音は小さいがパラディドルが正確で、無駄が無い。きっと、俺と一緒で吹奏楽出身だろう。
 そして、こんなにタメがあって腰に来るグルーブには、なかなかお目にかかれない。
 ・・・・この“タメ”という厄介なシロモノは、練習して会得できるものじゃない。認めたくないが、才能としか言えない部分がある。俺はこういうタメのあるグルーブが大好きなのだが、自分は出来ないのだ。
 そして、鍛冶舎の演奏は・・・・、相変わらずだった。奇抜なイントロ、憶えやすいリフ、所々で鋭く切れ込むギター、キャッチーなサビ。そして、相変わらずその長く細い指は良く動く。
 歌も、相変わらず「君が」「僕が」の歌で、そして哲学的だ。ただ、奴の歌詞の中で、間違うのは何時も「君」で・・・、そして「僕」は何時も独りだった。
 鍛冶舎の演奏の途中で、輝広とあゆみが降りてきた。
 「どうしよう。冬美ちゃんが来ない」と、耳打ちしたあゆみの声は、少しパニクっていた。
[PR]
by jazzamurai_sakyo | 2009-04-08 00:22 | 第二話 「青い光」
 気まずい雰囲気を察知したのか、あゆみは「カオル~ン、冬美ちゃんのヴァイオリンのセッティングだけミキサーさんと打ち合わせよう?」と薫子に声をかけ、薫子は小さく頷いた。輝広は既に片付けを終えて消えていた。
 それから俺達は、一度ホテルに戻り軽く打ち合わせをした。しかし、六時まで待ったが、冬美は姿を現さない。
 薫子は、そのことについて何も話さない。輝広とあゆみは、缶ビールを買ってきて飲んでいる。
 「今日は全部見ようと思うから、行って良いか?」俺は、何か気まずくなって、そう言った。あゆみが手をひらひらと振り、「スケジュールが変わるみたいだったら連絡して」と言った。
 イベントは六時丁度に始まった。出演は九バンド。
 最初のバンドは、割と若い奴らに見えたが、古いロックを演った。昔から不思議に思っていたが、何故、京都にはこういうロックンロール・バンドが多いのだろうか。ブルースが根強いことと関係があるのだろうか。
 この箱には、こういうバンドもよく似合うが、俺は正直、好きじゃなかった。家でデッカ時代のストーンズを聴いていた方がましだと思ってしまうのだ。
 次のバンドは以前見たことがある。確か、京都芸大のバンドだった。昔見た時の印象そのまま、面白い音をしている。ただ、練習時間が無かったのか、昔聴いた曲ばかりだった。
 三番目は女性三人の可愛い系パンク。これも以前見たことあるが、全く変わってない。新曲だろうが昔からの曲だろうが、アプローチが一緒で大差ない。こういう音は、流行のサイクルがあって、必ずフォロアーが出てくる。
 最近、何の気無しに立ち読みしたファッション雑誌でもカラーで取り上げられていたが、俺は正直、昔からこういう音が好きじゃなかった。パンクは、フリージャズと一緒で、自己破壊というか、常に変化すべきだと思っているからだ。
 四番目は格好良かった。プログラムしたシーケンサーを入れ替えの時から鳴らして、徐々に楽器が入ってくるのだが、ねちっこいフレーズを展開するベース以外は延々とシンセの電子ノイズと、屑鉄を叩く音をアンプリファイドしたノイズ、四台のカセットデッキでひっきりなしに取り替えられるテープに収められた音の暴力的な断片、等を巻き散らかした。
 終わり方も、入ってきた順番に一人一人抜けていき、最後にシーケンサーだけがなっているのを、スタッフが止めた・・・・。
[PR]
by jazzamurai_sakyo | 2009-04-01 01:24 | 第二話 「青い光」