ブログトップ

ジャズ侍のブログ小説 ~ 青い光      

jazzamuray.exblog.jp

1990年代半ばの京都を舞台にしたバンド小説を書いてます。文中の場所、人は全く架空のものであり、実在の場所、人との関係は一切ありません。掲載は当面、毎月第一水曜日の予定。

<   2010年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

     十三

 薫子はドラムの前までタオルを取りに来ると、少し屈んで首筋を拭いた。そしてフロアタム側から俺の耳元に囁いた。
 「タタタタって、これくらい速く始めて・・・・」
 ・・・・今まで全く意識したことのない香りが、ふっとした。若い汗の香りだ。俺はちょっとくらくらした。
 「良いですか」
 「ああ、良いよ」と、朦朧と答えてしまった。
 「・・・・今日の神ノ内さん、らしくないですよ」
 「・・・・緊張かな」俺は、目を逸らして言った。
 「やっぱり、らしくない」
 まあな。だが、仰せの通りに致しますよ。
 その香りを、お前の本気を嗅いだ限りは。
 俺は閉じたハットを素早く叩き出す。翁の「速いぞ!」という叫び声が聞こえた。だが、俺は意に介さず、軽くフィルインする。井能さんが苦笑しながら入ってくる。
 Charlie Parkerの「Confirmation」、薫子のリクエストだ。
 薫子は明るく快活にテーマを歌う。諦めた翁の左手が、やれやれといった感じで、コードを落とす。
 きっと薫子の中で、ここまでのシナリオは出来ていたのだろう。本物なのか、もう一度、試すつもりだな。
 俺は良いけどな、速いのは。客は相当びっくりした顔をしている。それは、恐らく薫子の技術の高さにだろう。
 ただ速いのは馬鹿でもできるが、往々にして演奏が痩せてしまう。音は出切らない、手癖に頼るから、バリエーションもない。
 テンポを維持するのに、意識が集中するからだ。
 テンポという手段が、目的になってしまう。
 ところが・・・・、薫子の切れは尋常じゃない。テーマ吹奏の中に、ちゃんとその後の即興の方向性が示されている。あいつは、真正面からParkerをリスペクトするつもりだ。
[PR]
by jazzamurai_sakyo | 2010-11-17 07:00 | 第三話 「紫の指先」
 コイツは、突き付ける。常に、選択を。進むか、退くか。右か、左か。
 何時だってそうだ、らしくない瞬間も知っているけれど、コイツの本性はそのはずだ。
 刹那刹那、俺は決断し、対峙しなければならない。
 急上昇するフレーズ、Jackie McLeanのような。
 俺はスネアを連打し、クラッシュを突っ込ませる。
 果敢に六順目に向かう翁。粒の立った音で右手を滑らせる。
 何というフレーズ、逃げも隠れもしない、モードの限界を高速で描き切ろうする・・・・。無茶だ、出来っこないよ。
 そら、またつっかえた。
 だが、右手は全く動揺しない。
 左手にそれを発展させる高速フレーズを弾かせて、また、その上に乗って、すべらかに歌わう。
 それをまた受け取って発展させていく薫子の七順目。
 やられた・・・・。凄い同調。翁はコードでプッシュし、左手のフレーズは薫子の即興を拡大する。
 引き続いて、左手のフレーズから低くつなぐ。
 ゴンゴンゴンゴン!と太い音がゆったりと上昇する。
 段々と力を蓄えてラストに向かう、左手。
 ガツンとコードが落とされる。
 それに乗って飛ぶ薫子。ラストのソロ。
 飛び出す刹那に刺激的なコードを撃つ翁。
 薫子のソロは翁の八順目に乱入する。翁は気にせず、左右のつなぎを意識させず、上手く交差させて、爆発的フレーズで急上昇する。多少の濁りなど関係ない。
 飛んでやがる・・・・。
 クソ、楽しいじゃないか! 俺は目一杯プッシュしてやる。
 翁の背中が喜悦に満ちているのが分かる。
 カッコいいぜ、じじい。
 八順目が終わりに近づく。スカンスカンとスネアを鳴らせ、Elvin Jones風のタムの連打を入れた時、薫子は少し熱を帯びたまま、テーマに帰ってくる。
 翁は飛び続けている。凄いな。
 テーマは繰り返され、翁は降りてきた。ユニゾン。俺はスネアを連打し、翁は決めのコードを落とす。
 俺は、ハイハットを開放で鳴らして、アクセントをつける。
 井能さんは複数弦を鳴らす・・・・。
 客が大きく拍手した。そらそうだろうな。これを聴いて冷えてたら、ライヴにくる意味ないよ。
 薫子が、横を向いて少し笑った。
 翁も薫子を見て満足そうに笑った。
 ふん。やっぱり吹っ切れたな・・・・。これが翁の本当の姿だったんだな。
 そう思った瞬間、薫子は振り返り、俺を見て“そうよ”と言わんばかりの自慢気な顔をした。
[PR]
by jazzamurai_sakyo | 2010-11-03 01:13 | 第三話 「紫の指先」