ブログトップ

ジャズ侍のブログ小説 ~ 青い光      

jazzamuray.exblog.jp

1990年代半ばの京都を舞台にしたバンド小説を書いてます。文中の場所、人は全く架空のものであり、実在の場所、人との関係は一切ありません。掲載は当面、毎月第一水曜日の予定。

<   2011年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 「責任感が強いと思われている殆どの人は義務感が強いだけで、責任感じゃないんだってさ。まあ、俺もそうみたいだな。雑多な細かい気がかりばっかりで。真っ新の頭で演奏したいなあ」
 ・・・・そうかな。昔のあなたは知らないけれど、今はそうじゃないんじゃない。「軋轢を楽しむ」位なんだから。
 でも、知らない女の話をされるのは、何かむかつくから、言わないでおこう。
 「ねえ、私が傷つけた、『最初の彼のお姉さん』は、『アイデアと、それを実現できる方法を探す気さえあれば、自分だけの世界を作ることが出来る』と言ったの。私は、その言葉が大好きなの。
 もちろん上手くなりたいけれど、今までに聴いたことの無い音楽がやりたいわ。だって、それが出来そうな、私たち五人じゃない?」
 「そうだな。出来る限り、みんなのアイデアで曲を作りたいよ。
 楽器演奏者である限り、曲の中で、自分をどれだけ実現できるかは必要だよ。けれど、演奏全体を自分のものにして、共演者を活かす演奏とか、構造を作る力も必要だ。
 もちろん、お情けは要らないけれど・・・・。
 ただ、その両方を、どう責任持って常に輝かせるか、っていうのは、大事なことだと思う。
 みんなで曲を作っていくためには。・・・・難しいことだけどね」
 そういえば、私は以前、携帯電話で遮られた時、貴方にこう言いたかったんだ。
 「私、あのライブで、カミさんのこと、尊敬したんだ。
 勿論、輝広が珍しく我を押さえて、カミさんのコンセプトに寄り添って、ギターでかっちりバッキングしていたことも良かったけれど、カミさんのドラムがポイントを押さえてくれたから、ちゃんと帰って来られたんだなって。
 私、音楽が一端壊れかけたら、後はバラバラになるだけだって、思っていた。そんな音楽しか演奏したこと無かったし。
 破綻すれすれの混沌の入り口から、何度も新しい服を着て、帰って来たなんて、今まで、経験した事、無かった。
 ホント、感動したんだ」って。
 あれ、寝ちゃったの。先に送らせるのかよ。もう。
 結構、可愛い顔してるなあ。
 ・・・・あれ、なに。やだ。ドキドキする。
 ・・・・ヤバイ。私、この人に惚れかけてるみたい?

 (第三話 終/二〇一一年七月十一日)
[PR]
by jazzamurai_sakyo | 2011-12-07 07:00 | 第三話 「紫の指先」