ブログトップ

ジャズ侍のブログ小説 ~ 青い光      

jazzamuray.exblog.jp

1990年代半ばの京都を舞台にしたバンド小説を書いてます。文中の場所、人は全く架空のものであり、実在の場所、人との関係は一切ありません。掲載は当面、毎月第一水曜日の予定。

 俺は、彼女から離れた場所に、ゆっくりと座った。恐らくは、彼女の年齢よりも古いだろう、ボロボロのフルート。それは、黒いセーラー服には、およそ似つかわしくないものだった。
 俺は彼女に釘付けになった。呆然として、目が離せない。
 だが、川面が乱反射して、ラリった俺の視界を遮り、彼女の顔が見えない。
 突然、小さな小さな、けれど本当に芯の入った安定したピッチで、「You don’t know what love is」が流れ出した。ゆっくりと、ゆっくりと、テーマを二回。
 そして、テーマをバラバラに崩して即興した。
 ・・・・キラキラと飛び散った音。小さな小さな破片。
 全ては切り刻まれている。ただ、その音の破片達は、鮮やかな存在感で、俺の目の中で鳴った。
 そして、最後のテーマに帰る時には、即興によって歌われた全ての音が、全て無駄なく機能して構築された。
 まるでエリック・ドルフィのようだ。
 俺は何時の間にか泣いていた。その涙は腕の中の黒猫を濡らした。
 ・・・・しかし、こいつはもう動きはしないのだ。
 俺は顔を上げた。不定型な視界の中に、彼女がこちらを振り返っているのに気付く。
 目尻の切れ上がった冷たい目が俺を直視した。左の眦に小さなほくろがある。
 俺はその瞳から逃れることが出来なくなった。
 俺はふと、四条木屋町で見た、幾つの年なのか皆目検討のつかない、老いた売春婦の幼い瞳を思い出した。
 そして血塗られたような唇が動いた。
 「あの、失礼ですけど、以前、『南蛮』というバンドでドラムを叩いていた、神ノ内さんですよね」
 その声の生命感の無さに俺も切り裂かれた。
 「ああ」
 「今度、私のバンドで叩きませんか」
 俺は「いいよ」と言って、抱いていた猫の頭を撫でた。
 四月の日射しを受けて、その黒い毛は綺麗に光っていた。
 「ただし、この猫の葬式を手伝ってくれたらね」
 「いいですよ。私にください」
 そう言って彼女はフルートを片づけると、死体を受け取った。
 彼女も黒猫の頭を撫でた。
 そして次の瞬間、その死体を、思い切り川に放り投げた。
 中空を飛ぶ、黒い形象。その後を追う、二、三の赤い飛沫。
 彼女の目もそれを追う。
 「何をしたって、彼はもう生きていないのよ」
[PR]
# by jazzamurai_sakyo | 2008-01-09 00:30 | 第一話 「黒猫は踊る」
     一

 桜の花弁。泥の中に踏みしだかれた、その汚らしい美しさ。
 飲み尽くしたハイネケンをビニール袋に片付ける。高野川と賀茂川の合流点の手前、飛び石の上で遊ぶ子供達。その色鮮やかな服が視覚に染み入る。明るい、四月の光の中で、それは目まぐるしく動いている。
 「もう終わりだな」と何の感慨もなく呟く時の、吐き気のしそうな快感。
 枝の先で散り残った花弁達は、怠そうに鈍く、俺の視界をちらつく。日射しは暖かく太股を照らす。安全靴の中を重く湿気る。
 残されてきた最後のハッパが、今、口元で全て焼き尽くされた。指先は、その熱を怖がらずに味わっている。
 俺の右側、少し離れた場所で、同じように川面を見ながら腰掛けていたアベックの男の方が、川の水たまりに小石を投げ入れた。
 その音の凝縮に俺は打ち抜かれる。
 恐ろしい明るさの中に、風が少し吹く。俺はもう一本買っておいたハイネケンを開ける。
 いきなり、カミソリのような音を立てて、白い飛沫が髪にかかる。
 笑わずにいられない。
 「ねえ、なんかあの人、気持ち悪くない」
 小声とは思えない声で、アベックの女の方が男に話しかけ、二人は立ち上がった。
 喉に流されたハイネケンは、ぬるく、それが俺を不快にした。
 「そうだ、チョコレートを買ってこなくっちゃ」
 ふらっと立ち上がって、何の恥じらいもなく、ほら、俺はまだ大丈夫だ、と思う。
 出町柳商店街へ行くために飛び石へ向かう。温かい空気がまとわりついて、俺を撫で、そして過ぎて行く。
 「ハーゲンダッツでも良いんだよな」
 わはは。一つ一つ飛び越えるのが、こんなにスリルに満ちているとは思わなかった。楽しくて仕方がない。虚無感を除いては。

 さすがに帰りは飛び石を行く自身が無く、俺は出町橋を回った。自分でもおかしいと思う程に、ニコニコとしながら、グリコのアーモンドバーを頬張りつつ土手に降りようとすると、アスファルトの上で、黒猫が死んでいた。
 「可哀想」と小声で言って、次の瞬間には違う事を考えているに違いない女子大生二人。
 俺はしゃがんでそいつを見てみる。
 きれいな、漆黒の固まり。ただ、口から血を流しているだけ。
 後ろからクラクション。俺はちらっとそっちを見て、猫の首根っこを掴んで持ち上げる。
 顎が外れている。
 仕方なくアーモンドバーを口で噛んだまま、両手でそいつを抱き、土手に降りる。
 グレーのパーカーの袖元についた、そいつの鮮明な赤い暴力。
 腕の中のそいつは、まだ暖かかった。
 何処かに埋めてやろうと思い、自分が最初に座っていた場所に行くと、女子高生が一人、座ってしまっていた。
 フルートを抱いて。
[PR]
# by jazzamurai_sakyo | 2008-01-02 00:30 | 第一話 「黒猫は踊る」
 予告

 エリック、何故、君は傍にいない?
 俺は何時も君を探している。
 僕はチャールスの傍にいるよ。そして、音楽の女神の気まぐれに付き合わされて、ちょっと辟易している・・・・。

 酒飲みの体たらくにーさん(ちょいオヤジ)と、曰くありげな女子高校生が出会う時、血滴は飛び、花びらは踏み拉かれ、川は海へと帰り、生と死は何気に交差する。
 澱んでいる暇は無い、薫子の前では。

 二〇〇八年、新春二日目より、「My Monkey Record」専属ライター、Jazzamuraiがお送りする、jazz & prog & ちょっと少女漫画チックなStory。

 初回予告 第一話 「黒猫は踊る」!

 彗々たる星斗にも勝りて、夜が吾等の裡に開きたる永遠の眼こそ聖なれ。

[PR]
# by jazzamurai_sakyo | 2008-01-01 00:05 | 次回予告