ブログトップ

ジャズ侍のブログ小説 ~ 青い光      

jazzamuray.exblog.jp

1990年代半ばの京都を舞台にしたバンド小説を書いてます。文中の場所、人は全く架空のものであり、実在の場所、人との関係は一切ありません。掲載は当面、毎月第一水曜日の予定。

第一話 「黒猫は踊る」 第3節の1

     三

 「ただし、叩けるか叩けないかは、すぐに答えられない。もう二年も、叩いていないし。合うかどうかも、分からないし」
 「たぶん、神ノ内さんは私達のバンドには合うと思う。
 四月二十日、十時位から、木屋町の『The End of North』でやるから、観に来て下さい。そしてその時、必ず答えを聞かせて」
 「おい、バンド名は」
 「『癩王のテラス』よ」
 そう言って、彼女は振り向いて自転車に乗った。
 ・・・・おいおい、俺は『The End of North』なんて、何処にあるか知らんぜ。
 そのライブハウスは、木屋町の市営駐車場の南側にある、ラブホテルの地下にあった。
 本当に久し振りに、俺はタウン紙を立ち読みし、場所と開始時間と対バンを確認した。
 その対バンの中に、あまり会いたくない名前を発見した俺は、わざわざ夕方に『North』に電話し、タイムスケジュールを再確認したのに・・・・、階段を降りる途中で、案の定、こうだ。
 「やあ、神ノ内くん、久し振り。相変わらず暗い目えしてはんなあ。こんな所に、何の用事やの。ひょっとして、僕、見に来てくれたん」
 相変わらずの、妙に抑揚の無い関西弁で、鍛冶舎タケシは話しかけた。口には、これも相変わらずのハイライトだ。
 「ああ、そうだな。それもあったんだが、悪い。間に合わなかったみたいだな」
 「今日は掛け持ちで次があんねん。明日、休みやしな・・・・。なあ、あのソナーのスネア、どうしたん。もう使わへんのやったら、くれへんかなあ」
 「ああ、あれね。何処行ったか、分からんわ」
 「そうか。あったら、また頂戴。じゃあ」と言って、鍛冶タケシは細い体にギターを二本抱えて階段を上がっていった。
 ・・・・何時見ても、胡散臭い奴だ。しかし、今でも京都にいたとは思ってなかった。面倒を見ていたバンドのメジャーデビューにくっついて、東京に行ったと聞いたのに・・・・。
 どうでも良い。今は、考えない・・・・。
 受付のオッサンは胡乱な目をしていた。
 チャージを払いながら俺は、「あの、『癩王のテラス』っていうのは、何時?」と聴いた。
「次の、次の次」
[PR]
by jazzamurai_sakyo | 2008-01-30 00:30 | 第一話 「黒猫は踊る」