ブログトップ

ジャズ侍のブログ小説 ~ 青い光      

jazzamuray.exblog.jp

1990年代半ばの京都を舞台にしたバンド小説を書いてます。文中の場所、人は全く架空のものであり、実在の場所、人との関係は一切ありません。掲載は当面、毎月第一水曜日の予定。

第一話 「黒猫は踊る」 第7節の3

 その瞬間、ギターソロは己を全うし、三コーラス目に向かった。気が付くと、冬美が来ており、既にヴァイオリンを顎に挟んでいた。・・・・そして、奴は、あのテーマを弾く。
 その時の目の冷たさが、俺に突き刺さった・・・・。
 「良いんじゃないの」と最初に言ったのは冬美だった。「僕、こういう正確なドラム、好きだな」
 「やっぱりブルフォード好きだと思った。俺も良いと思う。あんた、最近は叩いてないっていうの、ウソだったんだな」
 「いや、ドラムセットに座るのは、本当に二年以上、間が空いている」
 『南蛮』を辞めて以来、スタジオでドラムセットを叩いたことは、この二年間全くなかったが、実は毎日、寝る前最低二時間、メトロノームをヘッドフォンで聴きながら練習台でパラディドルや基礎練習はやっていた。これは、中学でブラスバンド部に入った時以来の習慣だから、寝る前の歯磨きの様なもので、止めたことはなかった。
 ただ、キックには多少、不安があった。生音が鳴らない練習台といえども、夜に思い切りペダルを踏むには、俺の借りている家と隣の家の距離が気になった。
 だが、足は心配していたよりも、動いてくれた。
 「久し振りだな、こんなに楽しめたのは。・・・・あ、ごめん。シーケンサーもまあ、良かったんだけど」と、輝広は言った。
 薫子は、「そう」とだけ言い、「あゆみちゃんは?」と訊いた。
 「格好良いなあ。私、こんなソリッドなドラムと、今まで一緒にやったことないよ。・・・・がんばってみる」とだけ、あゆみは言った。
 「足はもう少し精度を高めてね、オッサン」と冬美は言った。
 あ、やっぱり少しばらついたか・・・・。
 「じゃあ、次のライブのこと、決めようか?」と薫子は言った。
 「え、いきなりライブか。・・・・良いのか?」
 「そんだけ叩いといて、良いも悪いもないだろ」と輝広が言った。
 「そういうこと」とあゆみが言った。
 そして、「あのね、前回は・・・・」と切り出して、薫子が自分の案を言った時、輝広は思い切り笑った。
 ・・・・俺は、まだはっきりと参加すると言っていなかったが、その独特の雰囲気から逃れたいとは思わなかった。
 きっと、こいつらは、一瞬で俺の力量を理解しただろう。抜け目無く、相手を騙し食らいつく瞬間を求め、張りつめた緊張の中で音を選ぶこと。到来した瞬間を完全に楽しみ切るための、睨め回す様なアプローチ。ひしひし来るテンション。比喩しがたい個性。今まで体験したことのない、このメンバーの中で自分が演奏できること。そのスリル。
 薫子の、俺の気持ちを見透かすような「じゃあ・・・・」の一言をすんなりと受け止め、俺は「癩王のテラス」に加わることにした。
[PR]
by jazzamurai_sakyo | 2008-04-30 22:25 | 第一話 「黒猫は踊る」