ブログトップ

ジャズ侍のブログ小説 ~ 青い光      

jazzamuray.exblog.jp

1990年代半ばの京都を舞台にしたバンド小説を書いてます。文中の場所、人は全く架空のものであり、実在の場所、人との関係は一切ありません。掲載は当面、毎月第一水曜日の予定。

第一話 「黒猫は踊る」 第10節の1

     十

 つまり今日は、前回と同じメニュー、ミンガスの「フォーバス知事の寓話」をやる。
 “あのね、前回は・・・・”薫子は、最初の練習の日に言った。
 “前回は、私たちのことを神ノ内さんに見せるために、無伴奏ソロを回したから、今回は同じ素材で神ノ内さんと私たちがどんな感じで一緒にやるのか、うちのファンに見せてあげてね。だから、練習では内容はあまり決めない。適当にジャムるから、手の内を見ればいいわ。”
 ・・・・テーマのブリッジ以降は、前の通りの処理にした。取って付けたようにハードコアな雰囲気で盛り上げて、テーマエンドでは、俺は派手なフィルをまき散らして終わって見せた。
 そしていきなり、一旦無音になった。
 その中を、ヴァイオリンが、冷たくマイナーなメロディーを弾き始める。得も言われぬ沈痛さだ。
 そのメロディーの一瞬の間を捉えて、俺は大きくフィルインして、ミディアムテンポの硬質なエイトビートを叩き、それに、あゆみがファズを思い切りかけたリフを叩き込んでくる。
 ・・・・冬美のソロパートの仕掛けは、打ち合わせ済みだった。
 冬美自身が“僕も、デヴィッド・クロス役をやりたいな”と言ったからだ。つまり、七〇年代キング・クリムゾン風に。
 “この私に、もう一度ジョン・ウェットン役をやれと仰るのでしょうか”と、あゆみはおどおどしていた。
 “ファズ貸してやるよ”と輝広が言った。
 ・・・・それにしても、冬美は本当に上手い。デヴィッド・クロスはお世辞にも上手いとは言えないから、比べるのも野暮だ。それに、他人の意見なんて聞くもんか、の態度とは裏腹に、他の音が良く聴こえている。俺の仕掛けたフィルに対する反応も鋭いし、逆に俺が突っ込むための餌まで蒔いてくれる。そして、時折、元輝を挑発し、フレーズを絡ませるが、ギターが絡んできたら、全く違う素材のフレーズに解体し、冷たくあしらう。
 俺は、実は冬美は、凄くエロチックな人間なんじゃないかと、少しずつ思い始めていた。
 そんなことを考えながら、フロアーを見ると、ノっている客がかなりいた。ウソだろ、と思ったが、宮坂も七〇年代キング・クリムゾン風のインプロヴィゼーション大会の虜になっていた。薫子は独り、フロアーに降りて、鋭い目でステージを見ていた。
 ・・・・最後だけはギターを寄り添わせて、込み入ったフレーズを上昇させながら、冬美はゆっくりと俺を振り返った。合図だ。
[PR]
by jazzamurai_sakyo | 2008-06-25 00:40 | 第一話 「黒猫は踊る」