ブログトップ

ジャズ侍のブログ小説 ~ 青い光      

jazzamuray.exblog.jp

1990年代半ばの京都を舞台にしたバンド小説を書いてます。文中の場所、人は全く架空のものであり、実在の場所、人との関係は一切ありません。掲載は当面、毎月第一水曜日の予定。

第一話 「黒猫は踊る」 第10節の3

 俺は、いきなりブレイクせず、少しトップシンバルとハイハットだけでフォービートを入れてやった。するとあゆみは、とてもゆったりしたテンポの、印象的なリフを繰り返した。コーラスとリバーブが効いて、優しい感じだ。一部の客はそれを聞いて喜んでいる。
 ・・・・何故だ?あゆみが良く弾くリフなのかな。
 それに合わせて薫子のピアノの単音とヴァイオリンがユニゾンで冷たいメロディーを奏で始める。
 やっぱりそうだ。宮坂は言っていた。 “薫子ちゃんの造るグルーブは、何時も、トランスっぽい感じだったんですよ。それをあゆみチャンが横に揺らして・・・・“
 俺は出来るだけ小さい音で、リフを倍にとり、機械的な十六ビートを、トランスっぽく入れてやった。薫子と冬美は顔を見合わして笑い、あゆみは苦笑していた。俺は目で、あゆみに、“こんな感じかな?”と言ってやった。
 その上で、ピアノ、ヴァイオリンが音少なにコレクティブ・インプロヴィゼイションを展開するが、あくまでベースフレーズを生かすためのものだ。ギターはステレオリバーブを深くかけて、バッキングに徹するが、恐ろしい存在感だ。
 ・・・・あゆみのリフを聴いていると、こいつはひょっとすると、歌モノでも良いメロディーを書けるんじゃないか、と俺は思っていた。練習の間、時折聴かせるそれは、一回聴けば覚えられるし、下手すると俺は部屋で独りで口ずさんでいた。
 ・・・・ただ、ベースのグルーブは、はっきり言って、まだ俺としっくり来ていない。
 そんなことを考えていた瞬間、あゆみは踵を返して俺を振り向いたかと思うと、エフェクターを切ってボリュームを上げ、えらく激しいリフを弾き始めた。・・・・口元は笑っているが、目が真剣だ。
 実は、俺はこの瞬間を待っていた。きっと、開き直った時の大きなビートもこいつの本質だと思っていた。リズムを大きくとって乗っかってやる。輝広も反応して、まるでキース・リチャードの様にリフを繰り返す。呆れて、薫子と冬美は弾くのを止めた。あゆみは、そのノリでリフを展開したが、程良いところで振り向いて、合図した。その時、唇が何かを言っていた。俺は約束のフレーズをフィルインし、テーマに帰った。薫子はアルトを口にして、テーマを吹いた。
 ・・・・最後は、薫子のソロだ。
[PR]
by jazzamurai_sakyo | 2008-07-09 00:04 | 第一話 「黒猫は踊る」