ブログトップ

ジャズ侍のブログ小説 ~ 青い光      

jazzamuray.exblog.jp

1990年代半ばの京都を舞台にしたバンド小説を書いてます。文中の場所、人は全く架空のものであり、実在の場所、人との関係は一切ありません。掲載は当面、毎月第一水曜日の予定。

第二話 「青い光」 第3節の2

 「今日、薫子は、ご飯食べながらミーティングって言ってたけれど、何か食うのなら、今、ここには何もないぞ」
 「それは心配ない。テルが用意する」
 「じゃあ、君は何をしに来たのかな?」
 「まあ、座る場所確保とか、調理器具のチェックとか。でも、掃除する必要も、調理器具の用意も必要なしって感じだから、私の仕事はなしだな。
 うーん。良い風が入ってくるなあー」と軽くのびをした。
 「・・・・何か、飲みたい酒あるか」
 「赤ワイン」・・・・。ミルクコーヒーを飲んで、俺は外に出た。
 夏に向かう樹々は、勢いのある鮮烈な緑色をしている。
 俺は前のバンド、「南蛮」を辞めた時に、町中のマンションから引っ越して、此処に来た。
 俺の借家のある、修学院離宮の周辺には緑が多い。山際で、日が陰るのが早いこと、坂道が急で、道が入り組んでいる上に狭いことを除けば、借家の裏に川があって、夏は涼しいとか、俺はこの環境を気に入っていた。周囲には、俺の素行を咎める奴もいなかったし・・・・。
 酒屋から帰ると、あゆみは、レコード棚の前で寝ていた。
 五月の午後、窓から入る光は柔らかい。明るい所で見るあゆみの顔は、割とあどけない。
 ・・・・大胆な女だ。俺はタオルケットを掛けてやる。
 『癩王のテラス』のメンバーは、・・・・不思議だ。
 奇妙な組み合わせ。
 高校生二人/大学院生一人/フリーター一人/オヤジ一人。
 管(鍵盤)/弦(鍵盤) /弦(管)/弦/打。
 卓抜した技術/逸脱した感覚/残忍な裏切り/過酷な破壊。
 一瞬の美。・・・・ほんの一瞬の。
 ・・・・一体、俺の目の前で眠るこの女は、何処からやってきて、奴等と会い、そして今、何故俺の部屋で眠るのだ?
 などと考えていると、「ガチャリ」と玄関が開けられ、キャベツや食材の入ったビニール袋を抱えた輝広が立っていた。
 「何、カミさん、その女、食っちゃいたいの?」
 「・・・・お前、何でこの家、知ってる?」
 「前、酔っぱらいのあんたを送ってやったの、俺だぜ?」
 あゆみはクークーと、静かな寝息を立てている。
[PR]
by jazzamurai_sakyo | 2008-10-29 20:02 | 第二話 「青い光」